BLOG

ブログ

【新紙幣発行が思い切りきな臭い】

こんにちは仁です。

■最近連日報道している新紙幣のタイミングが胡散臭い。

4月1日に新元号「令和」が発表されました。
その意味が万葉集だの、何だのと
まるでお祭り騒ぎにするように
報道されている最中で、

まるでタイミングを合わせたかのごとく
新紙幣が発行されるニュースが飛び交い
渋沢栄一だの、偽造防止だのと
メディアは流しています。

国民の誰もがおかしいと思っていません。
誰もおかしいとは思わないように
TVで報道するからです。

【たまたまタイミングが重なったと言う麻生大臣】

紙幣は20年程度に一度新しくしている
それが、たまたま令和の元号の発表と重なっただけだと。

そんなわけない。

この仕掛けだらけの政府が新紙幣という
日本中の自動販売機やレジやら色々なインフラを
変えないといけない一大イベントを
たまたまするわけない。

■キャッシュレス社会にすると言っているのに新紙幣を出す意味

このタイミングに新紙幣の発表を持ってきたのは
おそらくかなり以前から計画されていたと推測出来ます。

消費税10%にする時に
「キャッシュレスを推進します!」と政府は
打ち出しているにもかかわらず、

今後紙幣が不要になってくることを
連日報道で取り上げていたにも関わらずです。

全て意図があるという事です。

■アベノミクスで取り返しのつかないレベルで刷り過ぎた日本円

これは私の様々なセミナーでは話をしてきた
経済リテラシーの部分での内容ですが

アベノミクスによって、
日本はありえないレベルで円を
刷り続けて来ました。

むしろ、安倍総理の仕事は
それだけです。

「日本を破滅に向かわせるために
日本円を刷り続けろー」

が彼の使命であり、それを完璧に達成出来ました。

おめでとうございます安倍総理!
見事に日本を破滅に追い込む事が出来ました!
という事です。

なので、彼らの将来は既に約束されました。
今後日本がどうなろうと
彼らの人生は最高の人生です。

では、その残された日本に何が起きるのか?
それが今後次々と形になって現れます。

私のセミナーを聞いた事がある方は
ご存知の通り

●実は年金は既に破綻しているのを
隠すための働き方改革&人生100年時代CM

●貧乏人は水を飲まなくて良い、アメリカに
大事な水を売却した水道民営化

●日本の農家は滅びて下さい。食料は全て
アメリカから輸入します。TPPを理由に種子法廃止

●日本の雇用なんてどうでもいい
安くて便利な外国人労働者法案

●既に貧困化している国民からむしり取る
消費税10%

●1円の申告漏れも許さないブロックチェーン導入
マイナンバー義務化

もうどんだけ~というぐらいに
苦しみを作り続けてくれますが、、

今日の本題は最も深刻です。

■新紙幣導入によって起こる隠されたメッセージ

アベノミクスによって、日本円は刷りまくられている
話をしていますが、その円はどういう根拠に刷っているか?
というと政府の債務。つまり国債です。

その国債を日銀が買取るという形で次々と円を
発行しまくっているのです。

日銀の資産規模がGDPに迫る異常な膨張、海外からは「無謀」の声
https://diamond.jp/articles/-/178342

あちこちのネットには出ていますが
既にその国債を買い支える金額が国内のGDPを超える550兆円
をオーバーしているのです。

もう既に限界に達しています。
いや、限界に達しているというか、
そもそもそのつもりという事です。

それでも、日本のTVニュースでは一切
この部分を話す報道はありません。

もう全てがシナリオという事です。
真実を隠して隠して、気づかれないように
ステルスで事を行っているのです。

そして、いよいよ最終シナリオの2歩手前という感じです。
■注意すべきは 財産税もしくは交換比率。

この全てシナリオ通り仕掛けられた
新紙幣の導入は完全に目的があります。

それは国民の資産を没収する事です。

推測①
タンス預金の全てをあぶりだし、
財産税をかける。
「今までの旧紙幣は〇月×日までに
お近くの銀行に持って来て下さい。
〇月×日以降旧紙幣は使えなくなります。」

昔、アナログ放送が終了してデジタル放送に
切り替わる時も、このような感じで国民全体に
期限を設け、デジタル放送内蔵のTV設備に
切り替えを強制させました。

この手法を全く同じように国民全体に
アナウンスを流したとします。

すると、タンス預金で隠していた
旧紙幣が全部紙切れになってしまうのであれば
これは不味いと感じ、国民全員が

そのお金を銀行に持って両替に行きます。
その時に、タンス預金の金額が全て

【あぶりだしされることになります】
そこに、財産税という名目で、
持っている財産のほとんどを奪う
パターン。
推測②
新紙幣の価値と旧紙幣の価値を同等にしない。

先ほどと同じように、〇月×日をもって
旧紙幣は使えなくなります。と
アナウンスをしながら

国民全体に両替を強制する。

その時、

福沢諭吉の1万円札と
渋沢栄一の1万円札の
両替比率を

1:1にせず、1:0.7や1:0.5に
してしまうという事です。
推測③
最強最悪の預金封鎖

これは起こさないかと思います。
起こさないために、新紙幣の発行を
したのだと思います。

しかし、銀行は常に預金封鎖を
強行する権利があり、
そのために必ず日曜日を休みにしたり
24時間営業をしないように作られています。

預金封鎖というのは
情報が漏れてしまっては
出来ないからです。

銀行というのは、本当は
騒ぎが起きて、
「みんながみんな預金を引き出しに来られると
数字が合わず銀行が破綻する仕組み」に
なっています。

なので、必ず休みの日を作っているのです。
新紙幣の発行で、起きたとしても、

①か②ですが、それでも、日銀の日本円の発行量は
既にGDPを超える状態で、このままデフォルトに
向かっている事は事実です。

過去にキプロスという国が破綻し
キプロスショックが起きました。

ある日突然、預金封鎖が起きて、
銀行に長蛇の列が出たり、ブルドーザーが
突っ込んだりなどがありました。

その時に、長蛇の列に並んだのは
「何も知らない高齢者、情報弱者でした。」

よく勉強していた若者は、
みんなビットコインに変えて資金を逃がしていました。

では、どうすればいいのか?

対策①
【海外に逃がしておく】

ほとんどの方が難しいかと思いますが
海外の安全な銀行に逃がしておく事です。

海外の銀行にあれば、
預金封鎖や強制両替などの影響を受けません。
対策②
【ビットコインなどのコインに変えておく】

新紙幣の発行が行われる2024年には
もう暗号通貨はメインの決済になっている時代だと
思います。

今は下火の暗号通貨ですが、
必ず世界の中央銀行達は、

ドルに変わる、基軸のコインを使用し
世界は暗号通貨社会に変わります。

今のうちに資産をコインに変えておくことです。

対策③
【金、銀に変えておく】
これは最強の方法です。

金だけは、ゴールドだけは
永久不滅の価値です。

紙幣は紙切れになりますが
ゴールドはいつになってもクズになりません。

対策④
【FXなどでレバレッジをかけてバランスを取る】

これは、高度なテクニックなので
非常に難しいですが、理論的には資産は減りません。

自分の持っている日本円の価値が下がるという事なので
その通りにFXを行い、日本円を円安方向へ売りに出しておく
という事です(今年ではありません。今年は円高の可能性)

すると例え、自分の財産の価値が新紙幣の発行で
下がったとしても、同時にFXで利益を上げる事が出来ていれば
プラスマイナスゼロになるという手法です。
おそらく、もうこれ以上は新紙幣のTV報道は
少なくなると思います。

もう十分にお祭り騒ぎのプロモーションは終了し
国民全体に記憶として、刻まれたからです。

そして、これからはまるで忘れたかのように
新紙幣の事には触れない年月が続き、
ある日突然、【悪魔の預金封鎖】はやって来ると
思います。

銀行を信用せず、
国を信用せず、
自分の資産は自分で守るように
していて下さい。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。