BLOG

ブログ

年金破綻の露呈と70歳まで働け命令

【私が2018年1月のセミナーから予告していた通り
年金破綻の露呈と70歳まで働け命令】

こんにちは仁です。

今日はビジネスのお話しではありません。
70歳定年というニュースがあまりにも笑えるので
記事にしておきます。

私のセミナーに来られた方で
経済リテラシーを聞いている方は
ご存知ですね?

もう口が酸っぱくなるぐらいに言ってきた事です。
「人生100年時代なんて嘘。100歳まで生きる人を
探す方がプレミアムなのに、どうしてCMでは
人生100年時代って言ってのでしょうか?」

答えは簡単。年金を既に使ってしまっていて
高齢者に払う年金がもうない。

でも、もうないとは政府は言えないから
人生100年時代でしょ。まだ60歳も70歳も若いから
働けるでしょ。というプロモーションを
行っているんだよ~」

というお話を、そうですね。
パビヨシコインの最初のセミナーから
しておりましたので

2018年1月あたりからですね。
その頃から私が話していた事が
【ついに現実になった】という事です。

今日はTV放映されていた
報道番組の一部を写真撮影して
記事にしますので、

 

下記の写真は報道番組の一部を
写真にしていますが、

突っ込みを入れてきます。

①右上のテロップに注目

70歳まで雇用

「70歳まで働く社会へ」
国民全体に70歳まで働くという事を
刷り込みするためのテロップになります。
②「ありがたいと思う人生100年時代なので」

70歳まで雇用法整備

というわざとらしい言葉。
良く考えればわかる事です。

ありがたいわけがない。
本来、この世代の方インタビューでは72歳の女性であれば
もうかれこれ若い頃から年金を払い続け、
本来60歳から年期でゆっくり暮らしていけると
【信じ込まされていた方々】なのに

そのような意見は一切テロップでは使わず
「働けることはありがたいと思う。
人生100年時代なので」

いったい、どれだけの70代の方が
この言葉を言いますか?
言うわけない。
③「施設とか入っても高いじゃないですか」

70歳まで雇用法案

という言葉。
これは老人ホームに入るにも
お金がいるでしょ。
だから、やっぱりみんな働こうね。
という意味
④営業職の社員129人60歳以上が3割(最高齢80歳)

70歳まで働く

60歳以上、つまり高齢者も結構働いている職場があるんだ~
と印象付けるテロップ。

実際は嘘か本当かはどうでもいい。
この会社を調べる人がいないから。
⑤「定年を65歳から70歳に引き上げ」

定年65歳から70歳に引き上げ

これで悪魔の現実を
【受け入れさせる】
⑥安倍総理「元気で意欲のある高齢者の方々に経験や知恵を
社会で発揮してもらえるよう」

70歳から年金
ここが一番恐ろしい。
本当に元気で意欲のある方は、別に政府が何にも
しなくても、十分社会に求められて、発揮しているはずです。

これは、「高齢者よ、さっさと働け」と
言わんばかりの言い回しを変えた詭弁です。
⑦70歳まで働ける法整備

高齢者働き方改革

70歳まで働けるではないですね。
70歳までは絶対に働けという事です。

そして、いよいよ5月22日金融庁が年金が足りない事を正式に認めた。

金融庁が「高齢社会における資産形成・管理」報告書(案)
https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/market_wg/siryou/20190522/01.pdf

ずっと、ずっと、私がセミナーで
話してきた事です。。

私達の先輩が一生懸命払ってきた、巨額の年金は
勝手に政府が運用を変更し、溶けてなくなっているのです。
この事実を私は2018年の1月のセミナーから
ずっとずっと言い続けてきました。

人生100年時代なんておかしいよって。
年金は実は溶けてなくなっているんだよと。

それを公的には言えないから、
高齢者の方々に働かせようとしているんだよと。

これから、年金の受給年齢はどんどん引き上げられ
ようやくもらえる受給金額は雀の涙ほど。到底生活が出来ない。

なので、高齢者の多くは生活保護になる。
酷い方は餓死する方も増えるでしょう。

その影響で子供たちの家庭も苦しくなるでしょう。
ストリートチルドレンも日本で現れるでしょう。
本当の意味の天皇の生前退位をする理由が
1つ1つ始まっているのです、

前天皇様はこういった日本が苦しくなることを
既にご存知だったために、
生前退位をされました。

日本人総一億貧困時代が
本当に到来します。

今20代の方の61%が預貯金ゼロです。
今30代の方の40%が預貯金ゼロです。
今40代の方の30%が預貯金ゼロです。

日本人の給料はこれからも減り続けていくでしょう。
日銀は量的緩和政策を辞めないでしょう。
これからも紙幣を刷り続けるでしょう。

アメリカはいずれ破綻するでしょう。
これから先は、本当に暗黒の時代がやってきます。

TVやメディアは決して真実を報道しません。
常に、常に真実から目をそらす悪魔の担当を担います。

政府を信用せず、銀行を信用せず、
TVを信用せず、常に自分で情報を取り判断するようにしてください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。