BLOG

ブログ

【まだビットコインはナカモトサトシが作ったと思っている人?】

こんにちは仁です。
本日はビジネスのお話しではありません。

■ビットコインが上がったと思ったら下がったりとしていますね。
ビットコインの事を
書くのは非常に久しぶりです。

いったいビットコインは
今後どうなっていくのか?

と感じる人は
私だけではないと思います。

■ビットコインはナカモトサトシという空想の人物が作った

と風説で一気に流行しました。
国や銀行にとらわれない、中央集権ではない

〇人と人が直接取引できるP2P取引。
〇データを改ざん出来ないブロックチェーン技術
〇発行数が決まっているため希少性がある
〇全てのトランザクションを全員が見れる

このようなコンセプトで
突如として現れて

最初は誰も見向きもせず
怪しい、怪しいの1点張りだった
ビットコインが

今では、通貨として認知され
アメリカなどを始めとして
金融商品として取引されるように
なりました。

またFXと同様に
ビットコイントレーダーも
世界中で誕生しました。

私がビットコインを
一番最初に購入したのは
2016年。まだビットコインが3万円~5万円の頃でした。

よくわからないけど
1ビットだけ購入した事を
覚えています。

その後、1度は最高値230万円程度にまで
値上がり。

その後、大暴落で20万円前後まで
値下がり。

今2020年の3月で
1BTC=100万円前後を推移しています。

■一時期はクジラという言葉が流行したはず

ビットコインがまだ数百円の頃に
大量にビットコインを保有した連中の事を

【クジラ】と表現していました。

ビットコイン大盛り上がりの
2016年
2017年
2018年
の頃は、誰もが当たり前のように

クジラが動いた
クジラに会った
クジラが売りを仕掛けた

とよく会話したものです。

しかし、ある頃をさかいに
それは口にされなくなりました。

今では、その事を忘れたのか?
というぐらいに

FX用語を使うようになりました。

ビットコインの200日平均移動線から上に位置するから上昇する

とか

9200ドルのサポートラインを割ったら次は8500ドルのサポートライン

というように

まるでFXのように
語られるようになったのです。

今YOUTUBEでビットコインの価格を語るのは
ほとんどこれです。

もし、世界にクジラという大量にビットコインを
保有している連中がいるとしたら

その連中がビットコインを売りたいとしたら

【わざわざ平均移動線とかサポートライン】
なんて無関係で売ります。

また、銀行やヘッジファンドのような
大量の資金がある連中もそうです。

わざわざ、そのような事とは
無関係で、買いたい時に買い、
売りたい時に売るはずです。

誰が考えてもわかるはずなのに
クジラという存在を忘れたのか?

どうしたらいいか?
わからないから、

【とりあえずFXのルールを勝手に当てはめているのか?】

わかりませんが
本当に驚きます。

なので、当然のこと
FXのルールとビットコインは本来は
無関係である事は一目瞭然です。

しかし、FX市場のように
たくさんの参加者を必要とするため
【ある程度はFXのルールに見せかけながら】

【ある日突然、まさかの坂を起こし一気に食らいつくす】
というのがいつものセオリーです。

FXで言うところの
【テクニカルトレード】と言った感じです。

■株取引はインサイダーは犯罪 ビットコインは無法地帯

株取引は、インサイダー情報など
非常に厳しく取り締まっています。

下手をすれば、懲役刑というぐらいに
証券取引委員会によって、強く管理されています。

そのため、株取引に関する情報は
非常にデリケートです。

【インサイダーを流してはいけないし】
【嘘や適当な情報もいけない】のです。

ところが、ビットコインは?

無法地帯です。
本当に無法地帯です。

誰でも自由に
どんな情報を出してもいいのです。

なので、今までも、数々の嘘情報が
流されました。

それを
投資用語では

【ポジショントーク】と言います。

例えば、あなたはビットコインを
物凄く安く買いたいとします。

もし、あなたが非常に有名な方であれば

「ビットコインは今すぐ売るべき!
必ず下がる!」

と情報を出します。

それを、たくさんの方に届くように
あらゆるメディアで広告費用を払って告知します。

国内も海外もです。

そして、それに影響された人々は
まるで烏合の衆のように

一斉にビットコインを売ります。

そして、頃合いになれば
あなたは【安くビットコインを買う事が】出来るのです。

このような嘘やハッタリ、デマに対して
何の規制も無いのが、今のビットコインです。

その最たるメディアが

コインテレグラフ
https://jp.cointelegraph.com/
(胴元はアメリカ)

コインポスト
https://coinpost.jp/

です。

ビットコインの大暴落時に

ウィンクルボス兄弟がどうだとか
アメリカのETFの審査が通ればどうだとか

それはそれは、本当に混乱させるメディアです。

そして、パターンがあります。

常に両方の記事を書きます。

例えば、

アメリカの〇〇という方が
ビットコインは強気である!という記事を書いたら

翌日に
中国の〇〇氏はビットコインは終焉
という記事を書きます。

常にどちらかわからないように
人々を混乱させながら、

その時、その時に
【誘導しやすいように】しているという事です。

まるで、安倍政権を褒めたり、けなしたりする
日本のTVのニュースと同じです。

これも先ほど書きましたFXのルールと同じく
情報操作をしやすいようにしています。

FXで言うと
【ファンダメンタル】と言ったところです。

■既にビットコインはウォール街のAIロボットがトレードしている

先日NYダウが数日間連続で下落をしたと思えば
急激に上昇したりと非常に不安定になっています。

私は2018年の投資のセミナーでは
言い続けていましたが

もう市場の中には人工知能のロボットが
参加していると覚悟した方がいいです。

これはビットコインではもう完璧です。
私は今、6か月で30倍になる情報の社長と直接会話を
しているので

バイナンスの情報や
取引所のシステムなどを
素人では知らない事を直接お聞きしていますが

もう本当にビットコイン市場は
ロボットだらけです。

ロボットが常に

売り買い売り買い売り買い
しているのです。

人間の速度では追いつくわけもないのです。

そこに、先ほど書きました
ビットコイン価格予想ユーチューバー達は
必死に食らいついています。

当分は予想が当たっていても
ある日いきなり、予想が外れていく事になるでしょう。

何故なら、相手は人工知能だからです。

■上記の全てを読み気づいた事はありますか?

この仕組まれた感じがプンプンする
このいつもの仕掛け通りの雰囲気がプンプンする感じ

私の経済リテラシーの記事をいつも
しっかりと読んでくれている読者さんは
もうおわかりだと思います。

このような事を中国が開発したと思いますか?
このような事を日本が仕掛けていると思いますか?
このような事を【無人】でやっていると思いますか?

ビットコインは管理者がいない
ビットコインはどこの政府も管理出来ない
ビットコインは非中央集権である

と必死に教科書通りの事を
語り続けている方がまだまだいます。

上記の記事を読めば
もうおわかりだと思います。

そうです。
アメリカです。

ビットコインはアメリカです。
今人工知能トレードをしているのは

アメリカ最強の金融の街
【ウォール街】です。

つまり、ビットコインを開発したのは

●アメリカが
●意図があって
●シナリオ通り
●作った

ということです。
私が思うには

アメリカ国会安全保障局のNSAです。

では、アメリカが何の意図があって作ったのか?
です。

それは簡単です。
正確にはアメリカはアメリカという国の持ち物ではありません。

アメリカはワシントンDCという小さな国に
コントロールされています。

つまり、アメリカという国単位の話ではなく
世界経済金融資本、いわゆるグローバルな経済エリート達の
シナリオであるという事です。

では、その経済エリート達が
何をしようとしているのか?です。

それも、私の経済リテラシーの記事を
よく読んでくれている読者さんは
すぐにわかるかと思います。

●ドルの崩壊による経済リセット
●紙幣経済からデジタル通貨への移行

つまり、デジタル通貨へ移行するための
【立役者】がビットコインである
という事です。

世界の基軸通貨がビットコインになると言う人がいます。

ありえません。

中国がデジタル人民元を準備しています。
https://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/archive/2019/12/1211.html

しかも、純金ゴールドに担保されています。

日銀は既に、デジタル通貨発行の準備が
出来ています。

そして、ヨーロッパ、つまりEUは
もうそれは完璧に準備出来ています。

アメリカも、もちろんです。

後は、リリースの順番待ち。
紙幣をリセットするタイミングです。

そのデジタル通貨は全て

中央銀行が発行します。

つまり日本ならば、日銀が発行します。
デジタル円?なるものを。

そして、日本人は日銀のウォレットを持ちます。
さらに、デジタル通貨なので

●追跡可能
●ブロックチェーン化
●作業は自動化
●管理監視可能

という事になります。

その他の銀行は
だんだん不要になります。

このような時代がもう間もなく
やってくるという事です。

いずれ世界共通で使用出来る
デジタル通貨が現れます。

■要するにビットコインはあがるのか?

いつのタイミングで
どのくらいに上がるのか?

それは私はわかりません。

なんとなくFXのルールに
当てはめていくはずなので
そういったテクニカルで
予想していく事も良いと思います。

長期的に見れば
まだまだこれからビットコインは
上昇します。

為替市場が崩壊し
株式市場が崩壊し

今は国債市場に資金が集まっています。
または、金、銀です。

しかし、行き場を失った資金は
まだまだ暗号通市場に流れてくると思います。

なのであがるのか?下がるのか?
と聞かれたら

●長期的目線で今より上がる

と回答します。

ただ上記に書いた通り

ビットコインは
シナリオの立役者で作られたコインであり

ゴールドなどの裏付けが無い
単なるデータなので

いずれは消える運命にあると
思います。(かなり未来に)

今日現在で私がわかる範囲の
ビットコインの概念はここまでです。

本日は以上です。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。