BLOG

ブログ

【緊急事態宣言法案可決】

こんにちは仁です。
3/13日とうとう国会にて
新型コロナ特措法改正案が可決しました。

既に以前の記事で
https://line.me/R/home/public/post?id=ozg7492w&postId=1158268588206081593
私が書いていましたが
政府はシナリオに向かって
準備万端となりました。

その会見をまだ見ていない方は
下記内閣府のYOUTUBEです。
https://www.youtube.com/watch?v=vYfSdx-yc8I

パソコンで見ると
ライブ配信のチャットが
右に見えます。

今まで、国民のほとんどは
政治などに興味もなく
インスタ映えや、ラグビーや
アイドルなどに必死だったのに

この恐ろしい状況になって
ようやく政治に興味を持ち始めたようです。
(時すでに遅しです)

もし、選挙が今だったら
みんないきますね。
ようやく政治に興味を持ちました。
(時すでに遅しです)

私は一通り会見を見ました。
たくさんの方のチャットやTwitterなど
見ていても

「相変わらず中身の無い会見だ~」

などの批判ばかりですが
私にとっては、

【伏線だらけの会見だった】と思います。

これは今後の日本に関わる事なので
非常に重要です。

私の経済リテラシーの記事を
ずっと読んで下さっている方は
過去からずっと繋がっている事が
おわかりになるかと思います。

会見の中で出てきた言葉を
ポイントにしていきます。

————————————————–

①雇用調整助成金をバラマく

今回の新型コロナウイルスにて
ダメージを受けた中小企業に対して
様々な助成金を、無担保、無利子で
4600億円の予算を確保している。

という事ですが、
以前の私の記事に書いた通り
https://line.me/R/home/public/post?id=ozg7492w&postId=1158173938206087743
この資金は

【貸付金】です。
つまり、返さなくてはなりません。

では、返せなかったら?
そうです。倒産します。

では、そうならないように
貸付をしてくれるのですが
それは、体のいい買収です。

つまり、国が、国内の中小企業を
安く買いあげている事と同じです。

貸付した資金が返ってくればそれでいい。
貸付した資金が返ってこないならば国の持ち物になる
という事です。

今TVでは全く報道されない
とても奇妙な事があります。

必死にコロナウイルスの感染拡大ばかりを
報道していますが

ホテル業
外食産業
観光産業
etc

様々な業種で、

大量のそれも本当に超がつくほどの
【一斉リストラ】が行われています。

これは、ありえないレベルです。
固有名詞で企業名を出せませんが
もう非正規雇用の方々は
一気に大量のリストラにあっています。

バイトで働く方は
おそらく、もう体感されていると
思います。

もう中小企業は、現在のコロナショック
によって、既に経営難に陥っています。

バタバタと閉店、倒産が起きています。
全くニュースで報道されない不思議な光景ですが
現実は、もう大変な状態です。

みなさんも、周囲の方に
聞いてみてください。

おそらく、誰かがリストラされた
話を最低1件でも耳にするはずです。

このまま、コロナショックが
先行き不透明な場合は、
当然のこと、貸付金を借りたとしても

企業はいずれにしても閉店、倒産
の道に進む事になります。

生き残るところは、吸収され、合併される。
全ては大企業の傘下に入る事になる。

大企業の株主はほとんど外資です。
日産、TOYOTA、TV局など、日本の企業は
もうほとんど既に外資です。

そうです。
シナリオ通り、日本が売られている
という事です。

②緊急事態宣言は今は出さない

これも非常に恐ろしいです。
今、アメリカやあちこちの国で
既に緊急事態宣言が出されています。

我が国の北海道でも
全く意味のない緊急事態宣言を
出した事もあります。

さて、緊急事態宣言とは
いったい何なのか?という事です。

この事も私の以前の記事に書いています。
https://line.me/R/home/public/post?id=ozg7492w&postId=1158268588206081593

ニュースで取り上げたのは

〇イベントなどを政府が強制的に自粛させる
など、肝心なところが
わからないように報道しましたが

そんな事だけで、わざわざ法案を
通して、先ほどの会見など
開きません。

見えない部分があるという事です。
それこそが

国民の資産没収です。
もうこれは確定したと
準備していてください。

今、緊急事態宣言を出さないと
明言したという事は
今よりも、さらに事態が酷い場合には
となります。

となると
もうそれは確実に起こるという事になります。

それは
巨大地震か
戦争か
テロか

何が?いつ?起きるのか?
は私にも全くわかりません。

ただ、【起きる】という事が
確定したという事だけは
受け入れました。

つまり、まだまだ厳しい時代
がやってくるという事です。

③治療薬の開発を日本だけでなく国際社会と連携して開発する

もう、これは何を言い出したのか、、
と感じる内容でした。

何もわからない方からすれば
素通りする内容ですが

私からすれば、もう答えは1つです。

【世界政府】のお話しです。

これも以前の記事で書いています。

これから未来、世界は1つになります。
そのために経済を破壊します。
そのために人口を削減します。

中心はヨーロッパです。
治療薬の開発をG7,G20の国際社会と共に開発する
という表現をしていますが

国という枠組みを超えて
共同で1つになる。と発言しています。

おそらく、今後、世界全員同じ支払いが
発生すると思います。

例えば、
世界全員が同じく支払う税金(二酸化炭素税)
みたいな形で、国を超えた形で
世界全員がグローバルに税金を徴収される日が
来ると思います。

その管理をするのが
世界政府です。

もう、日本は思い切り、そこに向かっていますので
これも避ける事はできません。

④景気対策について

そして、最後にこれです。
景気対策です。

会見では、
雇用調整助成金 4600億円
金融措置 1兆6000億円
と発表されました。

さらに会見では

必要に応じて、G7,G20の合意に
のっとって、【間髪入れずに】
【今までの仕組みにとらわれない】
形で景気対策を講ずるとあります。

さて、、、
間髪入れずに
今までの仕組みにとらわれない

とは、何でしょうか?

緊急事態宣言は
今回の特措法改正案だけを見ると
大した法改正には見えません。

しかし、他にもある法律を
組み合わせすると

立派な独裁国家になり得る
法律に既になっています。

つまり、憲法改正だって、
緊急事態宣言を出した後であれば
【やりたい放題変える事が出来る】
状態になったという事です。

これは、もう可決されました。
つまり、いつでも憲法改正も出来るのです。

まず、日銀が3/16日に金融緩和をさらに続けると
会見がありました。

つまり、私の記事で以前から書いている通り
既に、マイナス金利になっている日銀は
これ以上金利を下げる事が出来ず

もう、後は、無限に日本円を刷り続けるしか
【策は残されていない】という事です。

これから、どんどん経済が落ち込んでも
どれだけ、景気が悪くても

金融緩和、金融緩和、金融緩和で
大規模金融緩和をしまくり
日本円を刷り続ける。

そうです。
スタグフレーションからの
ハイパーインフレーションです。

そして、その刷り続けた日本円は
どうなりますか?

もちろん景気対策として
国民や中小企業にバラマキます。

しかし、大部分は
株式市場に投入されていきます。

そして、海外のファンドや
外資に利益を抜き取られていきます。

それでも、それでも、
金融緩和を続けます。

また、海外に利益を
抜き取られていきます。

その借金は誰から借りていますか?
国民全員です。

そして、いよいよ紙幣をリセットするタイミングに
なった時。

預金封鎖又は、預金封鎖と同じ意味合いの
政策を行うという事です。

財産税のような名目で
国民の資産を没収するという事です。
もちろんその時に年金なんてありません。

政府が国民を守ってくれる?
そんなわけあるはずないのです。
そういうフリをしているだけです。

私の過去の記事で書き続けた事が
全て繋がってきたのが
おわかりだと思います。
http://jhakuda.com/?p=1168

先ほどの緊急会見で
安倍総理はこう言いました。

新型コロナウイルスについて

「今我が国は確かに感染者数は拡大しているが
ヨーロッパや各諸国に比べると
その比率割合は、非常に低い。抑えている事が出来ている」

と言い切りました。

ニュースでは毎日毎日
感染者数拡大の報道を流しておきながら

感染者数拡大は抑えていると
言っています。

とんでもない事です。
国民全員を不安にさせ
不要不急の外出を控えさせ
経済を落としたのは
紛れもなくメディアです。

メディアが不安をあおる報道をするから
国民全員が不安になります。

政府はメディアをコントロールしています。
ならば、

「抑えている事が出来ている」と
報道してもいいはずです。

つまり表向きは政府は頑張っています。
裏向きは「感染者数拡大を手伝っています」

そして、最もやっかいなのが

【感染者数の捏造報道】です。
毎日毎日報道されている
感染者数は、非常に少なく発表されています。

実際はこんなものじゃありません。
おそらく、報道の発表の10倍です。

つまり、国内でも、既に一万人以上の
感染者がいるという事です。

これは、実際の現場の
医師たちが、内部告発しています。

しかし、上記のYOUTUBEの会見では
「抑えている事が出来ている」と言いました。

もうそれは、
どこかの国と同じです。

そう中国です。
中国は今、どんどん感染者数が減り
「おさまった」「ウイルスはおさまった」
と終了宣言まで出しています。
それを、日本のメディアは流しています。

数百万人レベルで感染者数がいる
中国が、そんな簡単に収まるわけがありません。

以前の記事でも書きましたように
感染者を次々と殺戮しています。実際に焼き殺しているのです。

中国の内部は今非常にデリケートであり
緊迫しています。

そして、そのスタイルと
全く同じ事を日本でもやっている
という事です。

このまま、パニックに状態を
日本は続けると思います。

終息はまだまだ見えません。
また1度回復したとしても

インフルエンザのように
毎年毎年流行するかもしれません。

ワクチンは既に出来ているの
かもしれません。

しかし、わざと出さないのかもしれない。

緊急事態宣言の法案が可決した事で
私が今まで書いてきた経済リテラシーの記事は
ほぼ、シナリオ通り現実化すると思います。

とにかく厳しい時代を
生き残るためには

〇衣食住
〇経済力
〇情報力

が必要になります。

また、これからは
モラルハザードが頻繫に起きるようになります。

新型コロナウイルス感染者が
「今からコロナうつしてくるわ」
みたいなコロナハラスメント。

マスクが無い事で暴力沙汰に
なる。

強盗、殺人、いじめ、暴力
など、あちこちでさらに増えると
予想します。

いわゆる、世紀末です。
まだ、今なら間に合います。

自分自身で自分の家族を守る事は
間に合うと思います。

情報をしっかりと見極めて
対応するようにしていて下さい。

もうアイドル番組やスポーツ番組を
のんきに見ている時ではありません。

情報を取り、分析して
家族を守る行動に移す時です。

今ならまだ間に合います。

■やるべきこと■

〇とにかく収入を確保する

〇米・水などの備蓄を蓄える
(米は1年分水は1ヶ月分)

〇地震が来た時の対策を練っておく
(震源地・静岡沖、和歌山沖の南海トラフに見せかけた巨大地震)

〇銀行や証券会社からの投資関係の金融商品は全て解約する
(全て損失になるのがわかるはずです)
(預金封鎖になればそれも封鎖されます)

〇金・銀・暗号通貨を保有する
(それぞれ価格が下がっていても無関係です。いずれ紙幣の価値が無くなるのです)
(現物ならかなり良い、ETFや証券などは無意味)
こちらもあり
http://www.bullionvaultaffiliate.com/hakudajin/ja

〇国内の銀行を信用しない
(タンス預金も必要)(海外の銀行・デジタルウォレットにも分散)

〇常に家族と連携を取っておく
(離れている家族にも連絡を取り、万が一の話をしておく)

他はそれぞれ各自でとにかく向き合って考えていてください。

また、情報を
発信します。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。