BLOG

ブログ

AMLとは?

AMLの投資利益は?紹介活動の報酬は?

 

AMLの肝心の利益についてお話ししていきます。

 

♠AMLの事業紹介の記事はこちらをクリック

 

当然ながら、投資案件、投資対象であり
利益を出す前提としての
記事を書きます。

AMLの基本的理念として
持続可能な暗号資産の管理
という理念があります。

つまり、今までの
投資ビジネスのほとんどは
1年や長くても2年で
頓挫しているビジネスが
ほとんどであり

長きにわたり
続いている投資ビジネスは
存在しなかった。

AMLは、それを覆します。という事になります。

これが真実であれば
この記事を書いている私も
本当に嬉しいです。

ただ、やはり投資なので
リスクがあり
冷静沈着に客観視しながら
AMLを捉えるように
してください。

AMLは、どの部分を見ても
全くリスクが無いように
感じる運用会社ですが

私の経験上
投資には3つの坂があり

登り坂
下り坂
まさかの坂

というぐらいに
思いもよらない事が
起きるのが、投資です。

そのため、私は自信を持って
今AMLをお勧めする記事を
書いていますが

読んでいるあなたは
冷静沈着にまさかの坂も
起きる事を踏まえた上で
検討するようにしてください

AMLは前回の記事で
書きました通り、

AMLに参加してから
スマートコントラクトの契約が
終わるまでの期間が投資契約と
なります。

例えば、
1000ドルパッケージであれば
2倍の2000ドルになるまで
運用が続きます。

2000ドルになれば
運用が終了し、
再度投資するか?
を判断するスタイルになります。

では詳しく書いていきます。

■AMLの参加金額は5つのパッケージが存在する

AML MLM報酬

AMLに参加したい方は
金額がいくらでも良いのではなく
パッケージが存在します。

パッケージとは
参加金額によって異なります。

全ての運用利益や、
MLMの紹介報酬も含めて
パッケージによって変わっていきます。

①ブロンズ=リターン200%&通常範囲
②シルバー=リターン250%&通常範囲
③ゴールド=リターン300%&高範囲
④プラチナ=リターン400%&高範囲
⑤ダイヤモンド=リターン500%高範囲

この上記の5つのパッケージで
分かれています。


全ての人はKYCと言って
パスポートなどの本人確認書類を
提出する必要があります。

では、例として
①のブロンズで参加した
と仮定します。

上記のパッケージの違いは
リターンの%テージと
通常範囲と高範囲と分かれています。

■通常範囲と高範囲について

AMLネットワークビジネス

AMLの参加ポジションは
1日1回だけご自身でクリックしなければならない
作業があります。

簡単に言うと
自分の投資した投資資金が

DAPPSの分散型アプリケーションによって
分散され、スマートコントラクトの技術に
よって、契約が命令通りになっています。

その命令通りに、自分の投資資金は
バイナンスで運用されていきます。

ただ、日本時間の朝になれば
一度分散型アプリケーションによって
取引口座に投資元本が戻ってきており

それを、ご自身で
「今日はどの運用利益を狙おうかな?」
と選ぶ事が出来るイメージです。

①のブロンズと
②のシルバーは
通常範囲の中で、選択する事になります。

通常範囲の利率は
下記の写真の通りです。

前回の記事で書きました
4点アービトラージ手法は
24時間365日運用をしています。

その中で
利益を自分で選べるという感じです。

通常範囲
とある利益の選択肢は

0.10%
0.17%
0.21%
0.25%
0.27%
0.33%

の6つです。
これは、日利の事を指します。
1日1日の中で朝になると
ご自身で選べるようになっています。

もし、選択肢を選ばない場合は
運用されません。
(ひょっとしたら最低利率はオートで選んでいる)

なので、自分の投資利益のためにも
毎朝ログインして
選択肢を選ぶようにしてください。

上記の6つの選択肢の場合
誰だって、高い0.33%が良いです。

しかし、選択するのが遅かったり
時間がタイムアウトしていると
その選択肢が売り切れており

0.33%を選びたくでも
最下位の0.10%しか
残ってなかった
なんてこともあるそうです。

それはAMLのプログラムなので
どうすることもできません。

そのため、なるべく早くに
ログインして、高い利率を選択する
ようにしてください。

上記の6つの%テージは
ブロンズ、シルバーのパッケージで
参加された通常範囲の選択肢ですが

下記はさらに変わります

ゴールド、プラチナ、ダイヤモンド
の場合は高範囲となります。

高範囲の日利の選択肢は

0.30%
0.46%
0.51%
0.58%
0.64%
0.69%

となります。
誰だって、0.69%が欲しいですね。
例えば、0.69%を30日掛け算した場合

20.7%になります。
月利が20.7%となれば
高利回りです。

通常範囲、高範囲の説明は
以上でご理解頂けたかたと思います。

では、パッケージのリターンに
ついて書いていきます。

■パッケージのリターンについて

AMLに参加する時の
投資元本によって
パッケージが異なり、

パッケージによって
リターンと、通常範囲、高範囲と
分かれているという事を書きました。

では、そのリターンとは
何か?についてです。

ここでは、
頭の中を整理する必要があります。

リターンは

運用による利益=デイリーボーナス

MLMによる利益=紹介報酬
の2つの利益があり

両方を足した金額が
リターンになっているという感じです。

では、ブロンズパッケージを
選んだ方を例え話にしてみます

あなたはブロンズパッケージで
参加しました。

ブロンズパッケージの場合は

デイリーボーナス(運用利益)
は通常範囲から選択します。

通常範囲の最も高い利益は
先ほど書きました通り
0.33%です。

この毎日の0.33%を30日で計算します。
すると、9.9%
つまり、月利約10%となります。

この月利の部分は紹介活動も
何もしなくても
参加していれば、運用される利益と
なります。

そして、パッケージに
決まっているリターンは
200%です。

つまり、この利益で
200%になるまで
スマートコントラクトが
命令通りに動いていく
というイメージです。

毎日の利益は毎日のいつでも
出金出来ます。

つまり、

投資元本=スマートコントラクトが終わるまで
投資利益=いつでも毎日出金出来る

というイメージです。
このようなスタイルで
AMLでは運用されていきます。

しかし、中には
紹介活動もされる方がいます。

このリターンの中には
紹介報酬も含まれます。

つまり、毎日の投資利益である
デイリーボーナスとは別に
紹介報酬も加算されて

それら全てをトータルして
リターンとなります。

なので

同じブロンズパッケージで
参加された方であっても

紹介活動をする人と
紹介活動をしない人とでは

リターンが終了する
時間の速さが異なるという
事です。

Aさんは紹介活動をしなかったので
200%になるのが数ヶ月かかった。

Bさんは紹介活動をしたので
200%になるのが3日で終了した。

このようにAさんとBさんで
スマートコントラクトが終了する
速さが異なる事になります。

スマートコントラクトが終了すると
自動的に投資した
元本も出金出来るようになります。

その後、72時間以内に
再度投資をするか?
完全に辞めてしまうか?

を選ぶ事が出来ます。
もし、完全に辞めてしまった場合は
どのようなMLM組織が下部に配置されて
いたとしても
アカウントが抹消されます。

再度投資する場合は
すぐに運用が開始されます。

つまり、やろうと思えば
複利運用が可能だという事になります。

例えば、ブロンズパッケージで
参加された方が

1000ドルで参加しました。

紹介報酬も合わせて3日で
200%のリターンになりました。

2000ドルで参加

紹介報酬も含めて
6日で200%になりました。

4000ドルになりました。

4000ドルで参加
紹介報酬も含めて
6日で200%になりました。

8000ドルになりました。

このように、リターンの%テージが
紹介報酬も含まれているので
紹介報酬があればあるほど

スマートコントラクトが終了するのが
早くなり、

利益を出金せずに
再投資していく事で
まるで雪だるま式に
短期間で大きな利益を狙う事が
出来ると言えます。

では、次にMLMの紹介報酬について書いていきます。

MLMの紹介報酬の基本概念は
バイナリー組織となります。

バイナリー組織とは
2系列の事を指します。

自分のポジションの下に
右グループと左グループの
2系列です。

これが、基本的なバイナリー組織の概念です。

1 直接スポンサーボーナス

AMLビジネス登録

直接スポンサーボーナスは
バイナリー組織とは無関係で
ご自身が直接リクルートした時に
報酬として貰えるボーナスとなります。

この直接スポンサーボーナスも
パッケージによって、
利率が異なります。

ブロンズ=7%
シルバー=8%
ゴールド=10%
プラチナ=10%
ダイヤモンド=12%

です。

例えば、
同じ1万ドルの方を
スポンサーしたとしても

あなたがブロンズの場合は
7%つまり、700ドルが紹介報酬ですが

あなたがダイヤモンドの場合は
12%つまり、1200ドルの紹介報酬となります。

さらに、
新規登録の時と
再投資の時も報酬が入ります。

先ほどの複利運用の部分でも
書きましたが

参加メンバーによっては
早いスピードで
スマートコントラクトが終了し
すぐさま、複利運用をされる方も
当然現れます。

その、再投資する時にも
何度も何度も、直接スポンサーボーナスが
入り続けるというイメージです。

再投資の場合は
全てのパッケージの%テージの
半分となります。

例えば、

あなたがブロンズパッケージの場合で
紹介活動をしていたとします。

あなたの友人Bさんを
紹介しました。

友人Bさんは
1万ドルのパッケージ(ゴールド)
で参加されました。

この新規登録の時に
あなたには7%の紹介報酬が
入ります。

友人Bさんは、
スマートコントラクトが終了して
すぐに72時間以内に再投資を
しました。

この時
この再投資の時にも
再度、あなたには
紹介報酬が入ります。
(7%の半分の3.5%)

このような感じで
自分がリクルートした方が
再投資をし続ける限り
ボーナスが入り続ける
システムになっています。

2 ペアリングボーナス

AMLマルチビジネス

先ほど書きました通り
AMLの紹介活動の基本概念は
バイナリー組織となります。
つまり、2系列です。

この2系列の組織で構成される
基本的なボーナスです。

右と左のグループで

基本的な考え方は

右側のグループと
左側のグループが

同じになった分の%テージが
パッケージによって分配され続けていく
イメージです。

これは、毎日毎日計算されていきます。

AML暗号通貨ビジネス

例えば、本日は

右側グループ売り上げ1万ドル
左側グループ売り上げゼロ

この場合は
ペアリングボーナスは
発生しません。

ペアリングボーナスが
発生していない場合は
片側のバランスはそのまま
持ち越されていきます。

では、翌日

右側グループ売り上げ1万ドル(昨日分がそのまま)
左側グループ売り上げ1万ドル(新規登録者が入った)

この場合は
ペアリング発生となります。

ペアリングの報酬は

下記のパッケージによって
異なります。

ブロンズ=7%
シルバー=8%
ゴールド=10%
プラチナ=10%
ダイヤモンド=12%

例えば、先ほどの例え話だと

右側グループと
左側グループで

1万ドルのペアリングが
発生しましたので

あなたが、ブロンズパッケージの場合は
7%の700ドルがペアリングボーナスです。

そして、このペアリングボーナスも
先ほどの直接スポンサーボーナスと
同様に

新規登録の時も当然ながら
ボーナスが発生しますが

再投資の時も
同様に入り続ける事になります。

3 マッチングダウンライン

これは、今までの既存のMLMで
よくある、メガマッチと
同じです。

基本的な考え方は

自分のバイナリー組織の中に
いる、自分の直接紹介した方が
貰っているペアリングボーナスの
1%が入るという感じです。

自分の組織の中で
紹介活動を頑張っている方が
当然おられます。

彼らは彼らで
毎日毎日ペアリングボーナスを
貰っているはずです。

その彼らが貰っている
ペアリングボーナスの1%が
直接紹介の系列で入るというボーナスです

これらは
パッケージによる
差別化はありません。

全ての方が

最大15段階の直接紹介系列
1%の報酬

という部分は全て同じです。

異なるのは
自分自身がいったい何名の直接紹介を
出したのか?

という事だけです。

直接紹介を出した人数が
多ければ多いほど

最大15段階の段階
が貰えるようになります。

直接紹介を1名出せた方=5段階まで
直接紹介を3名出せた方=10段階まで
直接紹介を7名出せた方=15段階まで

となります。

AMLビジネス出金方法
これもペアリングボーナス、直接スポンサーボーナス
同様に

新規登録の時ももちろん
報酬が発生しますが

再投資の時も同様に
報酬が発生し続けます。

4 マッチングアップライン

AMLビジネス説明会

このボーナスは
この記事を書いている7/21現在で
カントリーマネージャーに
直接会社へ問い合わせして
頂いており、

詳細を書く事が出来ません。
いずれ、詳細がわかり次第
この記事を編集致します。

一言で言うと

よくあるMLMでは
先ほどのメガマッチボーナスが
一般的です。

つまり、自分のダウン組織の中で
ペアリングボーナスを
稼いでいるダウン組織が
あれば、マッチング報酬が
発生します。

このボーナスは
よくあるMLMとは全く異なり

自分自身のアップラインと
マッチングするイメージだそうです。

つまり、自分が全く紹介活動を
出来なかったとしても

稼いでいる上位のアップラインと
マッチングした場合
その権限や、持ち分によって
報酬が発生するという

なんとも不思議な
楽しみなボーナスです。

AMLビジネス会社

これは詳細が
わかり次第追記します

5 ディストリビューターボーナス

AML投資案件の詳しい内容

このディストリビューターボーナスというのは
いわゆる、頑張ったね!
ボーナスという感じです。

AMLに参加して
紹介活動を頑張っていく最中で
三回だけ貰うことが出来ます。

ローカルディストリビューター
これは、6名のゴールドパッケージの直接紹介を
出せた方が一度貰えるボーナスです。

資料には
チームの総入金額に基づいた
入金率と出金率の30%が基準と
なります。

と記載されていますが
カントリーマネージャーに
お聞きしたところ

自分の直接紹介から
始まる系列の総売上の3%
と同じ意味だそうです。

つまり、

自分自身が6名のゴールドパッケージ紹介者を出した時点での
チーム全体の総売上の3%が
一度、頑張ったね!という事で
ボーナスが発生します。

AMLの投資情報

これが、あと二回続きます。

マスターディストリビューター
直接紹介が3名以上存在しており
それぞれのグループが
売上を出しており、総合計が50万ドルを
超えた時となります。

わかりやすく言うと

自分自身が直接紹介した
方が3名いたとします。

その3名の直系売り上げが
当然ながら、毎日毎日変わります。

例えば、

Aさんグループ=3万ドル
Bさんグループ=5万ドル
Cさんグループ=8万ドル

とします。
この場合

3系列を合計したら
16万ドルとなります。

しかし、一週間後

Aさん=10万ドル
Bさん=15万ドル
Cさん=25万ドル

となりました。
この場合は

3系列の総合計が
50万ドルになり

この
マスターディストリビューター
ボーナスをもらう権利が
発生します。

マスターディストリビューターボーナスは
チームの総売上の7%です。
かなり大きいボーナスです。

3つめが

グローバルディストリビューター
です。

こちらは

直系のグループが
5系列あり

総合計が300万ドル
となります。

こちらは、
チームの総売上の10%となります。
非常に大きなボーナスです。

グローバルディストリビューターボーナスで
言うならば

5系列の総合計が日本円で3億円を
達成した場合その10%ですので

3000万円のボーナスが
入る事になります。

以上が、AMLの報酬、投資利益に
関する説明です。

♠AMLビジネスの資料一式をダウンロードする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。