BLOG

ブログ

【過去凄い人 今普通の人】

 

■11/27 13:30~JET CANALセミナーin 大阪中津

おはようございます。仁です。
今日も記事を書いてみます。

私達は人生の中で、
大きな実績を果たし

当時で言えば成功している
という状態になり

その後、何らかの形で破綻し、
現在は普通の人になっている
という事がよくあります。

過去大きな実績を果たし
一度破綻。
その後、

→一方はさらなる実績を果たす

→一方はどん底に陥り抜け出せない

このように分れています。

●なぜ、この方は前に進めないのか?

一度凄い実績を出せた方は、
周囲の人から見れば

「またすぐにでも実績を
出しそうなように見えます」

しかし、これがなかなか
そうはいかない人がいます。

私仁はこれを経験しましたので
よくわかるのです。

■過去の実績をあげている時、
つまり成功している時に
作られる感情

これです。私達は、成功したり、
うまくいくとある感情が
出てきます。
それは、自尊心です。

自分の事を凄く感じます。
俺は凄い。なんでも出来る。
すべてうまくいく!と感じます。

これと同時に【プライド】
も出来上がります。

私という人間は●●である!
私という人間は○○な扱いは受けない!
というプライドです。

そして、その時は
その自分の自尊心と合わせて

周囲の人間関係も
その通りになっていきいます。

人が集まります。
言う事を聞いてくれます。
憧れの存在になります。
カリスマになります。

自尊心と合わせて、
周囲の環境もそうなるのです。
この状態が長く続けば続くほど

この自尊心の感覚は
しっかりと根付いて
いく事になります。

■しかし、人生は得てして、
次の壁を体験させるために、
失敗を起こす

赤ちゃんから生まれて、
一度の失敗も無く

そのまま成功人生を
歩む方は稀です。

大なり小なりそれぞれ
失敗を経験させられます。

問題はここです。
うまくいった時に、

先程の自尊心や
プライドが生まれます。

この失敗を起こした時、
色々な事が試されます。

この時に試されている事が
クリア出来ていない場合
タイトルにも書いていた通り

【過去凄い人 今普通の人】となるのです。

そのクリアする条件は

①周囲の方の感謝

私達はうまくいっている時
「これは俺がやったんだ!」
俺の実績だ!私の手柄だ!

と自分だけの成果だと
感じます。それはそれで
成長するためには必要な感覚です。

しかし、失敗の体験をした時に
実は見えないところや

家族、周囲の方々が
あって、初めてその実績を

成し遂げる事が出来たという
事に気づかされます。

しかし、この周囲への
感謝を出すためには

最も苦しい事実を
受け入れなければなりません。

「これは俺がやったんだ!俺の手柄だ!」
という言葉が否定されるわけです。

自分の成果だけでは無かった。
つまり無価値感という
ネガティブを感じるわけです。
そこに気づく事が出来ない。
つまり向き合う事が出来ない時は

まだ、その準備が出来て
いないという事になります。

まだ、「俺はそんな低能な人間ではない!
あの過去の実績は全て俺だ!」
と感じていたいという事です。

②1000円のありがたさを知る

これも非常に大きな経験です。
うまくいっている時、
私達は金銭感覚が変わります。

贅沢品、高級品、住居、支払いなどが
変わっていきます。

それでも、いくらでも
稼げると感じるので
どんどん使います。

そして、そのズレてしまった
金銭感覚のために

100円や1000円などの価値を
平気で馬鹿にするようになり
そのありがたさを忘れるのです。

そのために、失敗を経験した時
1000円の大きさを気づかされる事になります。
③今の自分への受け入れ

今の自分が過去の成功している
自分とは全く違い
俺はこんなはずではない。

と頭の中でずっと【言い訳】をしながら
現実から目を逸らし、
受け入れられない場合

その状態はまだまだ
続いていくという事になります。
この3つの条件をクリアした時
過去の実績を挙げた自分よりも
さらなる自分が誕生する事に
なります。
この記事は、ある方向けに書いています。
【私の事だ!と気がついた方へ】
そうです。

あなたは、本当は優秀な
素晴らしい才能のある方です。

あまりにも過去の実績が凄過ぎて、
今の現実が受け入れられず、
苦しんでおられるかも
知れません。

しかし、今の自分もそれでいいと
【受け入れた時、過去の実績を果たしたあなたを
遥かに超えた新しいあなたが誕生します】

優秀なあなたへ。
いつまでもその日を待っております。

仁。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。